Twitter始めたよ、モール爺さんの日常をチョイチョイつぶやくよ。

チャックルの日曜日とコトリばあさん。

ある日曜日の朝、まだみんなが寝静まってる頃、コトリばあさんはせっせと趣味の縫い物をしていました。

さて、『今日はこれでしまいにしよか』と、お気に入りの生地を片付けていると、生地の一枚から糸がほつれて部屋の外へ。

『こりゃ、昔ケイコはんにもろた布やな、、』

 

『はて?なんやろか』

 

コトリばあさんは、なんだかウキウキして来ました。

新しい服とカバン、それにオバケしじみの真珠のネックレスを付けて外へ。

 

小さな小さなコトリばあさん、糸を追い追い散歩道。

 

『イヤやわぁ~どこまで続いとるんやろか』

 

糸をたぐって、ずいぶん歩いたコトリばあさん。

いつの間にか朝日が差し込んで、あたりはすっかりいい陽気。

 

おや!コトリばあさんが何やら見つけたようです。

ばあさんが近づいてみると、糸をくわえた小鳥がハガキの横で首をヒョコヒョコやっているではありませんか。

 

『アンタ、なんでそんなんくわえとるん?』

コトリばあさんが近づいてみると。

『コリャ、たまげた、ケイコはんの描いたハガキやないの』

コトリばあさんは昔、兵庫県のある街で暮らしていた事があり、そこで出会った絵描きのケイコちゃんとずいぶん仲良くなった事を思い出しました。

不思議な偶然で風の便りに思い出し、コトリばあさんは嬉しくなりました。糸をイタズラした鳥にお礼を言って、お手紙を届けてくれる様お願いしました。


『昔の友達の事思い出すんはええもんやなぁ、なんや、また逢いたいなぁ』

 

コトリばあさんは、朝食の野草をつむと、おうちの窓から手を振るマゴにニッコリと微笑みました。

今回登場した作家ひろたけいこさんのブログ

『チャックルの日曜日』→http://ameblo.jp/hirotakeiko/

 

色鉛筆で描かれた柔らかいタッチの可愛く繊細なイラストは、見る人が優しい気持ちになれる、そんな作品です。布や革を使って絵本から飛び出てきたようなブローチやオブジェなども作ってます。

 

今回、『ひろたけいこ』さんを紹介したのには、不思議な偶然がありまして、前記事で紹介した作家『たなかしん』さんの個展で妻が偶然、幼馴染のけいこさんと再開した事で、なんだか不思議な巡り合わせだなぁと思い記事にしてみました。

 

けいこさん、、チャックルってなんですか?

 

追記(チャックルとは昔書いた絵本に出てくるネズミのチャックルの事だそうな)

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ひろたけいこ (日曜日, 06 4月 2014 18:14)

    こんにちは☆先日はミラクルなはじめましてで、とってもうれしかったです♪物語でご紹介までしてもらってありがとうございます!!感激しちゃいました~☆

    “チャックル”は、随分むかしに描いた『チャックルのにちようび』という絵本の主人公(ねずみ)の名前なんです。ブログのタイトル、ナゾですよね^^

  • #2

    家主 (日曜日, 06 4月 2014 22:07)

    どーも!コメントありがとうございます!
    こちらこそ絵本を紹介して頂きありがとうございます!

    すごい!物語にするにあたってネズミのチャックルが教えてくれる話にしようとしてました!勝手にネズミにしたらあかんだろうと言う事で小鳥にしました。う~ん惜しかった。

    今後共ヨロシクお願いします!(゚∪゚)フ

  • #3

    ひろたけいこ (日曜日, 06 4月 2014 23:33)

    わっ♪すごーい!!今日もリンク感ムンムンすぎです☆
    こちらこそ、家族ぐるみでどうぞよろしくお願いします~♪


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 利用規約 | 返金条件と返品取消申請書 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
なお当HP内すべての画像、イラスト、文章において無断使用.転載を禁じます。 Copyright (c)satou keigo dwarf-factory All rights reserved 2011-2012