Twitter始めたよ、モール爺さんの日常をチョイチョイつぶやくよ。

鍛冶屋職人達の高台工房

町で拾ったトロッコをとがりネズミに引かせて田舎道をトロトロと進む。

 

 森の向こうにモウモウと白煙が立ちのぼっている。

西のドワーフが運営する鍛冶屋工房だ。

ちなみにモール爺さんは東のドワーフに分類される。

東西南北のドワーフ達はそれぞれ物作りに精を出している。

今回は、後学の為に西のドワーフに会いに来たのだ。

   ドワーフ達にはそれぞれ特徴や得意な専門分野がある。
北のドワーフは宝石の加工や装飾品。
南のドワーフは植物の生成や畜産。
東のドワーフは彫刻や模型作り。
西のドワーフは鍛冶や錬金術。

とこんな具合でみんな切磋琢磨しているのだ。

 

 田舎道から、『西ドワーフ工房』の看板を横目に森に入る。

工房に近づくにつれ金属を叩く音と、薬品の臭いが鼻をつく。

森がひらけると大きな高台の上に、古木をくり抜いて作った建物が見える。
下には小川が流れており、何やら排水溝から『汚染物質』がワンサカ出てる、、。


 高台を登り、熊の形のブザーを押す。
受付に「ドワーフ留学とか許可証」を提示する。

工房の中は確かに素晴らしい鍛冶仕事の数々、依頼されたのであろう工具達は、人間が三世代使っても壊れないであろう。

中庭には機械仕掛けのゴーレムまであった。

どれも細部にまでこだわった繊細な仕事の数々。
 

 しかし、下の汚染された川を思い出すとモール爺さんは悲しい気持ちになった。
自然を重んじる東のドワーフには考えられない事だったから。

下流には村もあったのが思い出された。
そこで、モール爺さんは担当者に話を聞く事が出来た。

 

担当『どうも担当のノダエ爺さんです』

 

モール爺さん『川の水が汚染されてるけど大丈夫なのかい?』

 

担当は少し考えて、、。

一言。
『直ちに人体に影響はありません』


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 利用規約 | 返金条件と返品取消申請書 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
なお当HP内すべての画像、イラスト、文章において無断使用.転載を禁じます。 Copyright (c)satou keigo dwarf-factory All rights reserved 2011-2012