Twitter始めたよ、モール爺さんの日常をチョイチョイつぶやくよ。

廃城の影に怯える村

今日も夜の帳が下りる。

 

日中、平然と立つこの廃城は、夕暮れ過ぎると、重く頭上に圧し掛かる影となる。

 

比喩ではない。本当に形を変えて傾いて来るのだ。

 

朽ちた城は、まるで生き物の様に今も威厳を示し続ける。

 

『傾きが年々大きくなってんだや』と村人は語る。

 

村一番の長老は静かに語ってくれた。曾お爺さんの時代にお城の領主が忽然と行方を眩ました。城が傾き始めたのはそのすぐ後らしい。

 

固く閉ざされた城内からは、毎晩恐ろしい鳴き声がすると言う。

 

村の広場では夜中火を焚いているので、常に明るい。

 

城壁の一部が村へ届くまで、あと数年ほどだろうか。

 

村では移転するかしないかの会議が頻繁に行われている。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 利用規約 | 返金条件と返品取消申請書 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
なお当HP内すべての画像、イラスト、文章において無断使用.転載を禁じます。 Copyright (c)satou keigo dwarf-factory All rights reserved 2011-2012